借り入れ

今すぐ借り入れできるキャッシングの申込み方法

MENU

金融機関・消費者金融キャッシングの違い

銀行のような金融機関でも、最近は消費者金融のようなキャッシング商品を取り扱っています。
昔は銀行ではこのような無担保貸付をしていなかったのですが、消費者金融を傘下に収めることが多くなり、融資ノウハウを得たことによりこのようなことが可能になりました。

金融機関・消費者金融キャッシングともに、商品内容に変わりはありません

ただし、金融機関キャッシングは、他の取扱商品との組み合わせが可能なのに対し、消費者金融キャッシングではそのようなことが事実上不可能です。
借り入れをしたい人にとっては、給与振込口座を借り入れをしようとする金融機関に設定することで、信用を高めることが可能になったりするのです。

金融機関キャッシングは、取り扱っている預金商品などの利用状況によって金利を優遇していることがあります。
借り入れをしたい人にとっては、自分の取引している銀行などの金融機関でキャッシング商品の申込をすることで、より有利な借り入れをすることができる可能性があります。

また、金融機関キャッシングは、借り入れをしたい人にとって一番気になる金利が低いことも特徴の一つです。
金融機関の資金調達方法は預金などですが、ご存知の通り普通預金金利はゼロに近い金利であり、無利息で調達した資金で貸し付けをしていることになります。

このように自分が取引をしている金融機関などで借り入れをすると、いろいろな面で有利な取り扱いを受けることが可能になります。
金融機関キャッシングが借り入れをしたい人に人気がある理由です。

これに対し、消費者金融キャッシングは銀行のような低金利で貸付をすることができません。
借り入れをしたい人にとっては魅力が低いと思われがちですが、消費者金融キャッシングは借り入れをしたい人にとって魅力的な条件があります。
その最たるものが審査です。

とかく定型的になりがちな金融機関の融資の審査ですが、消費者金融は柔軟な対応をしてくれることが多いです。

金融機関と同じ基準で審査をしていては対抗できないということもありますが、長年の経験は最近キャッシング業務に参入した金融機関に比べて一日の長があると言えるでしょう。
もちろん、借り入れを希望する人にとって有利であるとはいえ、信用のない人に貸付をするほど消費者金融は甘くありません。

しかし、消費者金融の審査は借りたい人に対して最大限の融資限度額を設定しようとしてくれるのです。

また、消費者金融キャッシングは金融機関にはないメリットを付ける例が増えています。
大手消費者金融などが一定期間無利息の期間を設定しているのがその最たる例でしょう。
高金利と言われる消費者金融キャッシングですが、借り入れをする人にとって一番気になる金利を減免するのですから、大きなアピールポイントになります。

また、金融機関キャッシングは基本的に自社の預金口座の取引が前提です。
もし、借り入れ資金を振り込みの形にしてもらいたくても、自分の希望する口座には入金してもらえないことが多いです。

さらに、借り入れの返済を口座振替にしたい場合も同じ事になります。
これに対し、消費者金融キャッシングは金融機関のしがらみがありませんから、どこの金融機関口座であっても振り込みもできますし、口座引落も可能になります。
いろいろな意味で融通が利くと言えるでしょう。

金融機関キャッシングの特徴

金融機関キャッシングの特徴は大きく分けて2つあります。
  1. 金利が安い代わりに審査が厳しめであること。
  2. 金融機関との取引に応じて優遇措置があること。

金利が安いという点と審査の厳しさは、借り入れをしたい人にとってはトレードオフの関係だと言えるでしょう。
貸付をする金融機関としても、信用があるから貸すことができるのであり、リスクが少ないと判断するから金利を下げてくれるのです。

もちろん、金融機関のキャッシングは調達金利が低いということも金利が低い原因ですが、借り入れを希望する人のリスクが高ければ金利を下げた貸付をすることはできません。
一般的に金融機関のキャッシング金利の上限は13%から15%程度が多いです。大手消費者金融の上限が18%程度であることを考えると、さほど差がないとも言えます。

例えば、50万円を借り入れする場合を例にとると、年利13%であれば年間利息は6万5千円です。
18%であれば9万円です。
3年に2万5千円の差ということは、月ベースにすれば2千円程度でしょう。
借り入れ金額がもっと少なければこの差はもっと小さくなります。

しかし、金利が低いということは、同時に融資限度額を上げることができるメリットも無視できません。
消費者金融キャッシングは、貸金業法上の総量規制があるため年収の3分の1に融資が制限されているのに対し、金融機関キャッシングにはそのような制限がありません。
借り入れを希望する人の信用があれば、審査内容にもよりますが融資限度額を上げることが可能です。

カードローンのようなキャッシング商品は、融資限度額が高いほど借り入れをしたい人にとって利便性が高くなります。
信用に自信があれば、借り入れをする人にとってドンドンと使い勝手がよくなるのが金融機関キャッシングの特徴だと言えるのではないでしょうか。

また、金融機関キャッシングは、その金融機関との取引に応じてキャッシング条件が有利になる一面があります。
金融機関キャッシング商品の宣伝に「取引に応じて金利を優遇します」という文言をよく見かけます。

金融機関で借り入れをしたい人は、まず自分が取引をしている金融機関のキャッシング商品を検討すべきだと言われていますが、このような優遇措置が少なくないためです。

銀行によっては住宅ローン利用者に対してかなり低い金利のカードローンを提供している例があります。
借り入れを希望する人にとってはチャンスだと言えるでしょう。
金融機関で借り入れをすると審査が厳しいと言われています。

しかし、それは新規顧客の場合であり、その金融機関と取引が長いと、金融機関は借り入れをする際に優遇してくれることが少なくありません。
金融機関、特に銀行は長い間取引をしてくれる顧客を大切にする傾向があります。
そのため、この傾向が借り入れの審査の上で有利に働く場合もあります。
自分の取引銀行は大切にした方がいいのです。

消費者金融キャッシングの特徴

消費者金融キャッシングの特徴も大きく分けると2つ考えられます。
  1. 審査に柔軟性があり速いこと。
  2. サービスに独自性を持つことが多いこと。

消費者金融キャッシングは借り入れをしたい人が気にしている「スピード感」を大切にしています。
多くの消費者金融が即日審査を可能としており、借り入れの申込をした日に審査を終えて、場合によっては借り入れの申込をした日のうちに融資をする即日融資も可能にするのです。

消費者金融キャッシングの審査は、長年の経験に基づく審査マニュアルが整備されている上にコンピューター審査ですから早いのは当然でしょう。

一部の大手消費者金融は借り入れ希望者に対し、「荒審査」のような形で事前審査をすることを可能にしていますが、所要時間はなんと10秒とハイスピードなのです。
事前審査とはいえ、住所氏名などを入力するので、信用情報機関にそのまま照会が可能です。
そのため、事前審査とはいえかなり確実な審査結果が期待できるのです。

また、消費者金融と一言で言っても規模はいろいろです。
ネットなどで大宣伝をしている大手消費者金融もあれば、街中で営業している小規模な消費者金融もあります。
当然のことですが、営業という面では小規模な消費者金融は大手にかなわないでしょう。

この差を覆しているのが審査の柔軟性です。
コンピューター審査を多用している大手消費者金融は定型的な審査になりがちで、融資可能な顧客を取りこぼしていることもあります。
消費者金融で借り入れをしたいと考えている人の中には、ただ単に派遣やアルバイトの人であったり、自営業者だったりという理由で審査に落とされる例も少なくないのです。

しかし、このような人達が必ずしも貸倒になるとは限りません。
借り入れをしたいと考える以上返済のことを考えてことが普通ですし、収入が少ないだけ借り入れに対する慎重姿勢が高いため、「堅い顧客」だともいえるのです。

消費者金融は、金融機関キャッシングとの競争上、差別化したサービスを提供していることがあります。
それは無利息期間のような借り入れを求める人に直接訴求するものもありますが、振込キャッシングのように借り入れをする人の利便性を高めるサービスもあります。
金融機関と違い、消費者金融はどこの金融機関にでも振込が可能です。

借り入れをしたい人は、ただ単に消費者金融キャッシングをコンビニATMでしたいだけではなく、クレジットカード決済日などに残高不足という場合も少なくありません。
そんな際は振込キャッシングの方が借り入れをする人にとって利便性が高いのです。

中小の消費者金融の中には、信用度が低い人に対して融資をする場合があります。
俗に「ブラックリスト」と呼ばれる、任意整理などの債務整理をしたりした情報がある人は通常消費者金融キャッシングを受けることができません。

しかし、債務整理をした人のすべてが浪費などによる無節操な借金によるものとは限らないのです。
中小規模の消費者金融の中には、債務整理のいきさつや収支状況から債務整理経験者に対しても融資をするケースがあるのです。

借り入れをしたい人のすべてが信用に問題がない人ばかりではありません。
できるだけ広範囲の借りたい人に対して融資をしようとトライしているのが消費者金融なのです。
このような審査の柔軟性は金融機関では考えられないです。

学生はどこから借りる?

学生の方が借り入れをしようとする場合、前提条件として収入がある必要があります。
なぜなら収入がなければ返済ができないためです。
当然のことですが、安易に借り入れができると考えている人も少なくないので、このことは知っておく必要があるでしょう。

アルバイトであっても収入があれば借り入れは可能です。
消費者金融であれば毎月の収入を1年間もらったと仮定した金額の3分の1までを借入することができるでしょう。
ただし、最初に借り入れの申込をした場合はもっと少ない金額しか貸してくれません。
信用がないためです。

借り入れと返済を繰り返すことで、消費者金融に対して信用が付きます。
そして増額申請を受け入れてもらうことにより、もっと大きな金額を借り入れすることができるようになるのです。

大学などの近くには、借り入れをしたい学生相手の消費者金融があることがあります。
このような消費者金融は、借りたいという要望にできる限り応えてくれるでしょう。
しかし、消費者金融である以上、貸金業法の規制は守る必要があります。
収入がない学生にお金を貸すことはできないです。

最近はネット銀行などの金融機関でも学生が借り入れをすることができます。
しかし、消費者金融同様にアルバイト収入がなければ借り入れはできないと考えた方がいいでしょう。
ここで、注意すべき点は、借り入れをしたいばかりに違法業者に手を出してしまうことです。
学生は学生証を提示することで、このような違法業者は簡単にお金を貸してくれますが、決して手を出してはいけません。

法外な利息を取られますし、返済が遅れれば半ば強制的に親の住所や電話番号を聞き出します。
その結果どのような結末になるかは言うまでないでしょう。
借り入れをするためには、返済する資金が必要です。
返済資金がなければ借り入れをしてはいけないのです。

主婦はどこから借りる?

主婦の方もパート収入がある場合が多いでしょう。
このような場合、消費者金融でも金融機関でも借り入れが可能です。
パート主婦の場合は学生さんに比べると収入の金額が多いため、借り入れをしたい場合には審査に通りやすいと言えます。

消費者金融でも金融機関でも、主婦に対するキャッシングを積極的に推し進めているケースがあります。
正社員の方に比べればパートをしている主婦の方はリスクが高いでしょう。
しかし、いざとなれば旦那さんの収入からの返済も期待できるため、返済不能に陥る可能性が低いと考えられているのです。

消費者金融は総量規制があるため、収入がなければ借り入れができません。
しかし、金融機関は貸金業法の制約を受けないため、借り入れをしたければ専業主婦でも借り入れが可能です。
一部の金融機関では専業主婦専用ローンという名目で広告をしていることがあります。

とはいえ、専業主婦が借り入れを申し込んでも融資限度額は非常に少額になります。
収入のない専業主婦なので、返済資金は旦那さんの収入に頼ることとなります。
金融機関としてもリスクが高いことは確かなので、さすがに多額の貸付をするわけにはいかないのです。

ちなみに消費者金融にも配偶者貸付制度という制度があります。
この制度は、旦那さんの承諾があれば専業主婦であっても旦那さんの収入を使って借り入れができるというものです。
しかし、主婦の方が借り入れをしたい場合は、旦那さんに内緒にしていることが多いですし、そのような承諾をすることを旦那さんも嫌がることが多いです。

そのため事実上この制度は機能していません。
専業主婦の方が借り入れをしたいのであれば、事実上金融機関を頼ることになります。

無職の人はどこから借りる?

無職の人は消費者金融からも金融機関からも借り入れができないと思われがちです。
しかし、無職の人とはいえ、生活保護を受けていたり親などの扶養家族となっていたりしない限り、金額の多寡はあれ収入があることが多いです。
働いていないとしても、ネットオークションなどで、自分の趣味や特技を生かしたグッズの販売をしている人は少なくありません。

消費者金融の審査は、必ずしも給与収入がないと通らないということはありません。
消費者金融などの融資条件を見ると「安定した収入」とありますので、ネットオークションなどで、ある程度コンスタントに販売実績があれば、安定した収入があると判断をして審査をしてくれる可能性はあります。

もちろん、審査をしてくれたとしても非常に不利ですし、大手消費者金融であれば問答無用で審査で落とされる可能性があります。
しかし、中小の消費者金融であれば審査を受けてくれる可能性があるのです。

金融機関の中には、専業主婦に対して貸付をするケースがあることがありますが、このような金融機関は無職の人も借り入れができる可能性があります。
専業主婦の借り入れを可能としているのは旦那さんの収入があるためですが、同様に親などに扶養されていて返済資金が捻出できると金融機関が判断すれば、審査に通る可能性は否定できません。

とはいえ、全くの無職無収入の方が借り入れをしようとするのは無理があることは専業主婦と同じです。

返済資金がないのに借り入れをするのはやめた方が賢明です。
更新履歴