フリーローンと目的別ローン

今すぐ借り入れできるキャッシングの申込み方法

MENU

フリーローンと目的別ローンの違い

フリーローンとは、文字通り使い道を特定しないローンのことです。
カードローンなどもフリーローンの中に入りますが、通常は「フリーローン」と言う場合は、借入の申込をして融資資金を受け取ったら、追加借り入れができないタイプが多いです。

これに対し目的別ローンとは、使い道を指定しているローンです。
使い道を指定することから金利は安くて融資も緩めになります。
その代わり、使い道を証明する書類の提出を求められます。

例えばマイカーローンであれば、ディーラーなどからの見積書などが必要ですし、教育ローンであれば大学などの要綱や入学試験の合格通知などが必要です。
目的別ローンは、フリーローンに比べて金利が安いのですが、これは使い道が決まっているため金融機関側としては安心して貸すことができるためです。
安心できるからリスクが少なく、金利を低くしても大丈夫だという話なのです。

ローン返済にあたり、一番大切なことは返済計画です。
返済の見込みもなくお金を借りると返済ができなくなることが多いのです。
しかし、目的別ローンであれば使い道が決まっていることもあり、返済計画をきちんと立てていることが多いのです。
特に理由を明らかにしないフリーローンとの最大の違いです。

もちろん銀行でフリーローンを借りる場合も、使い道を明記することを要求することが多いです。
しかし、特にその内容を確認することはありませんし、虚偽記載をしたから全額繰上返済の要求をされることもありません。
ギャンブルなどに使う資金を借りたいと言っても、融資審査に通るわけがないので「液晶テレビを買う」などと言ってフリーローンの申込をすることになるのでしょう。

しかし、目的別ローンであれば目的外に利用したことがわかると、フリーローンとの利率の差を負担させるような条項になっていることもあります。

目的別ローンにはどんなものがある?

目的別ローンは、主に金融機関で取り扱っていることが多いです。
一番多いのが住宅ローンでしょう。自宅を担保にして借入をするので、借入金額も大きく利率も低いです。
銀行間で競争になっているため利率は低下傾向にありますし、住宅メーカーなどとタイアップすることでサービスを高めている例も多くなっています。

次に多いのがマイカーローンです。
ディーラーのローンに比べて車検証に担保表記をしない無担保融資ですが、これも住宅ローン同様に銀行間の競争が激しいです。
担保を徴し、貸付金額も多い住宅ローンは小回りが利きにくいのですが、比較的少額の融資金額であるマイカーローンは、金利競争が激しくなりやすいため、事前比較により思わぬ低利率での借入が可能になる可能性が高いです。

ただし、このマイカーローンは無担保融資という点に気を付ける必要があります。
消費者金融でカードローンを利用している人がマイカーローンを利用すると、無担保融資が増加し、場合によっては消費者金融の利用ができなくなる可能性があります。
無担保融資である以上は総量規制の算定範囲に入ってしまうためです。

中小規模の消費者金融でも目的別ローンを提供している例があります。
この場合、金利はフリーローンと変わらないものの、フリーローンに比べて審査を緩めにしてくれます。
目的別ローンという名目で使い道を特定させるのが目的であり、使い道がある程度明確化されれば、安心して貸付ができるというわけなのです。

また、銀行によっては医療目的の融資に対する目的別ローンを、顧客である医療機関とタイアップして提供している例があります。
治療費がかさむ先進ガン治療の治療費を融資しようというものや、不妊に悩む夫婦に対して不妊治療目的のローンを提供していることもあります。

目的別ローンは、たいてい利率が低くなっているため、借入をする前に自分の借入目的に合ったローンがないかを探してみるといいでしょう。