ローン借り換え

今すぐ借り入れできるキャッシングの申込み方法

MENU

カードローンの返済方法 

カードローンとは、ローンカードを金融機関から発行してもらい、コンビニATMなどでキャッシングをすることでお金を借りる形式のローンです。
返済もローンカードで行うため、金融機関しては手間が省けるローン商品だと言えます。

このようにカードローンの返済方法は、コンビニATMに返済資金とローンカードを持参し、自分の口座へ資金を入金する形での返済になります。
カードローンは、毎月の最低返済額さえ返済していれば、利用限度内であればキャッシングも返済も自由自在です。
ただし、最低返済額だけ返済しているとなかなか元本が減りません。

理由は前に書きました(ローン金利と返済金利)が、カードローン元本を減らそうとしたら繰上返済の方法をとるしかありません。
繰上返済をすれば、利息も減りますし、元本も減ります。
キャッシングしたいと思っても、残高不足で希望する金額が借りれないという事態を避けることができます。
しかし、カードローンの返済は思ったように進みません。
それは利率が高いためどうしても毎月の利息が増えるためです。
根本的なこの問題を解決するためには利率を下げるしかありません。
消費者金融などの金融機関が特に理由もないのに利率を下げてくれることはありません。

とはいえ、増枠申請をして審査に通れば自動的に利率は下がります。
カードローンの利率は融資限度額が多ければ反比例して下がるのです。
カードローンの融資限度額はその人の信用によって決まりますが、消費者金融などの審査で算定された融資限度額を初回から適用することは多くありません。
たいてい初回取引であることもあり、警戒されて少なめの限度額に甘んじることになります。

しかし、ある程度取引を繰り返すことで信用ができますから、増枠申請をすれば承認されることがあるのです。
増枠により融資限度額が増加し、それに伴い利率が下がれば、約定返済額に占める利息の割合が少なくなります。
そして、カードローン返済がより一層進むことになるのです。

とはいえ、自分の信用には限りがあります。
また、消費者金融の場合は貸金業法で年収の3分の1までしか貸すことができないという総量規制も障害になるのです。
つまり、他の消費者金融から借入があるようなケースやクレジットカードのキャッシング枠があったりすると、増枠させたくてもできないという事態になってしまいます。

また、消費者金融より銀行系カードローンの方が、低金利であるというような事情もあります。
そのため、ただ単に増枠申請をすれば利率が落ちて、カードローン返済が進むとは言い切れないのです。

カードローン借り換え〜まとめたほうがお得?

このような問題点を解決するための一つの手段として、カードローンの借り換えがあります。
カードローンにもいろいろと種類がありますから、利率は一定ではありません。
また、最初は「あまり使わないから」と低い限度額で申込をしてしまったため、高利率のカードローンがいくつかあるという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

このような場合、一番限度額が高く、かつ融資余裕額が大きなカードローンに他のカードローンの借入残高をまとめるという方法があります。
大きなカードローンでキャッシングをして他のカードローンの残高を返済していくわけです。
そして、完済したカードローンから解約することで増枠申請がしやすくなります。

こうして、一番限度額が多いカードローンを残して、他のカードローンを順次解約するという形でカードローン借り換えが可能になります。
カードローンの利率が高いと思うのであれば、ローン借り換えを検討するのが一番効率的です。
そして、同時にカードローンは一本化すべきです。多くの場合、小規模なローンより大規模なローンの方が低利率なためです。

ただし、このような形でローン借り換えが可能な人は、もともと借入残高がさほど多くない人です。
総量規制の範囲内で増枠申請をしつつ、他のカードローンを完済するのは限度いっぱいまで利用している人では難しいと言えるでしょう。

この場合、消費者金融の「おまとめローン」がお勧めです。
このローンは宣伝を見ていただければわかる通り、総量規制対象外です。
総量規制があるため、まとめることができない人を対象としているためです。

昔は、総量規制の例外としておまとめローンが規定されていなかったため、この手のローンは銀行の独壇場でした。
しかし、現在では大手消費者金融のほとんどがこのおまとめローンを提供しています。

おまとめローンは、いわば多重債務者を相手にするローンなので、審査は厳しいと考えた方がいいかもしれません。
しかし、返済能力があると判断されれば審査は通りますので不必要に心配することはありません。
ただし、ローンの性格上追加借り入れはできませんから、自分の生活態度を改めるほどの覚悟が必要かもしれません。

また、総量規制が原因でローン借り換えができないのであれば、いっそのこと銀行系カードローンへの借り換えを検討するのも一つの方法です。
もともと金利が消費者金融より低いですし、給与振込等をしている銀行であれば、審査でも融通を聞かせてくれる可能性があります。