即日キャッシング

今すぐ借り入れできるキャッシングの申込み方法

MENU

登録して即日キャッシングできるカードローンってある?

最近の消費者金融は「即日融資」と積極的に宣伝しています。
これは、申込をしたその日に融資をするというもので、条件さえ整えば申込をしたその日に自分名義の口座に融資資金を振り込んでくれます。
要するに即日キャッシングができるということです。

ちょっと信じられないという人もいらっしゃるかもしれませんが、大手消費者金融であれば難しいことではありません。
なぜなら、無人機店舗であっても来店すればその場で融資審査をしてくれますから、運転免許証や源泉徴収票などを持参すればその場で審査手続は完了です。

中小規模の消費者金融でも、店頭で申込手続をすれば、登録したその日に即日キャッシングが可能なことが多いです。
店頭であればその場で融資審査ができるためです。

大手消費者金融の無人機店舗ではローンカードの発行も同時にされますから、自宅などに郵便物が届くこともありません。
併設されていることが多い店舗ATMで即日キャッシングが可能です。

最近では大手消費者金融を中心にネットでも融資の申込ができるようになりました。
この場合でも即日キャッシングができることが多いです。
もっとも、ローンカードの受け取りは無人機店舗に行く必要がありますが、最近は夜10時近くまで無人機店舗の営業をしている消費者金融が多いため、仕事帰りに取りに行くことが可能です。
もちろんそのまま併設のATMで即日キャッシング可能です。
たいていATMの方が稼働時間は長いです。

人によっては、クレジットカードの引落代金が足らないからと消費者金融に申込をされる方もいらっしゃるでしょう。
この場合も、午前中にWEBから融資の申込をすれば、その日のうちに自分名義の口座に融資資金を振込してくれます。

ただし、このような即日融資は融資審査で特に問題が生じなかった人に限られます。
人によっては、他の消費者金融をいくつか利用していたり、クレジットカードのリボ払い残高が多かったりする人もいらっしゃるでしょう。
この場合、融資審査に時間がかかる場合があります。
また、クレジットカードの引落日である10日や20日は即日振込融資を希望する人が多いため、融資審査に時間がかかる可能性もあります。

絶対に登録して即日キャッシングしたいというのであれば、時間に余裕をもって申込をした方が賢明だと言えます。
特に即日振込キャッシングを望むのであればそのことが言えます。
朝の通勤時間でWEB申込ができればいいのではないでしょうか。

キャッシングの審査って何をチェックしてるの?

キャッシングの申込をする人にとって一番気になるのは融資審査ではないでしょうか。

ただ、チェック内容はある意味定型的なものとなっており、大手であればコンピューター審査が主流です。
もっともコンピューター審査とはいえ甘くはなく、もともと店頭で担当者が融資審査していた内容がそのままプログラム化されたものと考えた方がいいでしょう。

融資審査で使う資料としては、最初に提出した申込書と信用情報機関からの情報の二つになります。
以前、その消費者金融などと取引をしていれば、当時の資料も使うことになるでしょうし、銀行系キャッシングであれば今までの取引履歴も融資審査のうえで考慮されることがあります。

もっとも、金融機関が一番気にしているのは、過去の利用状況です。
いくら収入が高くて安定した職場に勤めていても、過去に支払遅延を繰り返していては融資ができません。
支払遅延の有無も程度問題で、1回だけ支払遅延をした人と、ほぼ毎月支払遅延を繰り返している人では融資審査での対応はおのずから異なります。
もちろん、支払遅延ゼロが最高の信用をゲットすることは当然です。

収入や支出などのデータも確認されますが、それより過去の利用状況の方が融資審査では重視されているのです。
キャッシングの審査では、本人確認も厳密に行われています。
これは、金融当局から本人確認を厳格にするようにと指示が出ているだけではなく、他人に成りすまして融資審査をすり抜けようとする人を排除することも大きな目的です。

俗に「ブラックリスト」と呼ばれる債務整理経験者の方は、信用情報にそのデータが残っている間は金融機関の借り入れなどはできません。
しかし、お金が必要ということであれば、他人名義で融資審査をすり抜けようとするものです。
その手法としては、住所や氏名をちょっと変えたり、誕生日を少しずらすという手法が多いです。

とはいえ、そのようなことを認めていたら信用力が著しく低い人に融資をすることとなりますから、認めるわけにはいきません。
融資審査はコンピューター審査で行われますが、実際の本人確認は運転免許証などで住所氏名の一字一句まで担当者の目で厳密に突合し、もし一文字でも違っていたら確認されることとなり、審査機関が長くなります。
最近は、スマホ経由での申込ができるようになりましたが、パソコンと違い入力ミスが出やすくなります。
あらぬ疑いをかけられぬように入力だけは慎重にすることをお勧めします。